奥村 愛(ヴァイオリン)Ai Okumura, Violin

7歳までアムステルダムに在住。桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースで学ぶ。辰巳明子、ライナー・ホーネックの各氏に師事。第48回全日本学生音楽コンクール全国大会中学生の部第1位、第68回日本音楽コンクール第2位など受賞多数。

これまでに読売日響、新日本フィル、東京フィル、東響、仙台フィル、山形響、九州響等、国内の主要オーケストラと共演。富士山河口湖音楽祭等の音楽祭にも出演を続けている。2000年にはポーランド国立クラクフ室内管弦楽団と、2002年にはイルジ・ビエロフラーヴェク指揮プラハ・フィルハーモニー管弦楽団と共演するほか、2004年12月にはパトリック・ガロワ指揮シンフォニア・フィンランディアの日本ツアーにソリストとして参加。06年・07・08年は本名徹次指揮ヴェトナム国立交響楽団のヴェトナムツアーにソリストとして参加するなど海外オーケストラとの共演も多い。

CDは02年『愛のあいさつ』でデビュー、以来リリース多数。2010年11月に最新CD「ラヴェンダーの咲く庭で」をリリース(エイベックス・クラシックス)。

親しみやすいプログラミングと自然体なトークによるリサイタルは各地で大好評を得ている。一児の母としての経験を生かし、自らのプロデュースによる親子向け公演を数多く手掛け、各地で大絶賛されている。テレビ・ラジオ等への出演も多く、多彩な活躍で注目されている。

http://aiokumura.jp/

奥村 景(チェロ)Kei Okumura, Cello

9歳よりチェロを始める。桐朋女子高等学校(共学)を経て、09年桐朋学園大学卒業。05年新潟室内合奏団とハイドンの協奏曲を共演。石川ミュージックアカデミーにてジャン・ワン、ルドヴィート・カンタ、草津音楽祭にてタマーシュ・ヴァルガのレッスンを受講。今までにチェロを渋谷陽子、毛利伯郎の各氏師事。

 加藤昌則(作曲・ピアノ) KATO Masanori, Composer・Piano

神奈川県出身。東京藝術大学作曲科首席卒業、同大学大学院修了。 作曲家としての活躍は目覚ましく、いわゆる「現代音楽」とは全く異なる視点で書かれた、美しく斬新な抒情性に満ちた作品は、多くの愛好者を得ている。 05年「スロヴァキアン・ラプソディ」を作曲、スロヴァキア・フィル東京公演で初演された。同作品は金聖響指揮、東京交響楽団の演奏で、エイベックス・クラシックスで録音された。また、09年3月、ブラティラヴァでも演奏され満場の喝采を受けた。06年オペラ「ヤマタノオロチ」を発表、日経新聞紙上などで絶賛される。また、07年神奈川フィル定期演奏会で委嘱作品「刻の里標石」が初演された(東京オペラシティの10周年ガラ公演にて再演)。 ピアニストとしても元々定評があったが、近年さらにその評価を高めている。リサイタルのみならず、室内楽、伴奏など幅広く演奏活動を行っており、共演者としての指名を様々な楽器の奏者から受けている。       http://www.masanori-music.com/

 



公演チケットを購入
駐車場について
座席表ステラシアター
座席表円形ホール
施設ステラシアター
施設円形ホール
総合お問い合わせ
シャトルバスのスケジュール
国文祭特別サイトアサヒ飲料

※ステラシアターや円形ホールで開催する公演チケット掲示で お得な特典(割引など)がありますので コンサート当日開場前、または宿泊して翌日にご利用下さい。  
※有効期限は、各施設によって違いがありますので各ホームページ上でのご確認お願いいたします。

るるぶトラベル